このコーナーは私の江戸文字師匠である橘右橘師匠を応援するものであります。

つまり、「橘右橘大応援團」なのであります。

私と右橘先生との出会いは平成9年夏、豊洲文化センターでの「江戸文字教室・勘亭流」講座での

二代目荒井三禮先生のサポートで来られた時に始まります。


omemeyogosi
月島の居酒屋「三平」で。

その後平成10年夏、三禮先生が病気に倒れられ、代理講師として勘亭流を教えていただいた時からなんです。

その後、寄席文字も習いたくて習いたくて、

10月から読売文化センター町屋『江戸の文字「勘亭流・寄席文字』講座を受講するようになリました 。

 

残念ながら、二代目荒井三禮先生は平成10年11月帰らぬ人となったが、


故・ 二代目荒井三禮先生

休講状態だった豊洲教室を半年後の平成11年 6月より再開していただいき、今日に至っ
ている。

今日まで、5年ほど「習い事」を続けられているのも、右橘師匠の江戸文字に対する姿勢はもちろんのこと

人間性によることが多い。もっと腕を磨かなくてはと思うもののなかなか・・・。

日ごろの懺悔の意味でこのページを開設し、これから<まじめに稽古する>ことを宣言させていただく。 H14.9.1

<<Back