マンデン占星術で占える事とは?

最近話題になっているマンデン占星術は社会占星術とも呼ばれていて、集団や社会的な出来事について占う事を得意としているため、個人の事を占う通常の占星術と違うのです。

マンデン占星術を作る際には、国について占いたい時には国が誕生した時間や国の代表者の誕生日など国に関する重要な日付から始原図を読むのです。

四季図は春分と夏至と秋分と冬至の4種類があり、3ヶ月ごとの社会情勢を読む事ができますし、月相図にも新月と満月と上弦と下弦の4種類があり、特に新月図が重要だと言われています。

10天体は太陽が君主やリーダーを表していて、月が大衆やコミュニティ、水星がメディアや教育、金星が経済や芸術、火星は戦争を意味していて、木星は法律や宗教を表していますよ。

土星は歴史や秩序、天王星はテクノロジー、海王星は流行、冥王星は破壊と再生を意味しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る