指の仏眼、手相占いでどんな事を意味している?

手相占いで親指の第一関節部分に出る仏眼は、どんな意味があるのでしょうか?

二本の線が繋がって目のような形に見える仏眼は神秘的な意味合いがあり、直観力や霊感に優れているスピリチュアルな手相なのです。

この手相を持っている人はスピリチュアル関係の仕事に興味を持っている人が多い傾向があり、強運の持ち主でもありますよ。

仏眼が左手にある人は先天的に霊感を生まれ持っていて、ご先祖様から不思議な力で守られているため、トラブルやアクシデントも回避できるでしょう。

仏眼が右手にある人は後天的に霊感が得られるという事ですが、日頃から神仏を大切にしたり、ご先祖様の御墓参りを欠かさずにする事が大切ですよ。

仏眼が第一関節だけでなく、親指の付け根にもあるという珍しい手相を持っている人は、普通の仏眼よりも強い霊感を持っているでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る