星占いは西洋占星術とも呼ばれていて、12星座が使われていますが、正式には12サインと呼ばれていますよ。

さらに占星術では太陽系の10個の惑星も使われていて、12サインと10個の惑星を組み合わせたパターンで、生年月日と出生時間と生まれた場所を元に運命を占うのです。

12サインのみで占う西洋占星術を簡略化したものが太陽星座占いであり、12通りの運命をシンプルに知る事ができますよ。

占星術で占うならホロスコープを作成する必要があり、その人の性格と運勢と、相手との相性を導き出す事ができます。

12サインのどこに、どの天体があるのか見て判断しますが、生まれた時間がちょっと異なるだけで天体の位置もガラッと変わってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る