西洋占星術、ホロスコープから分かる事とは?

出生日時や出生地から自分の運勢を知る事ができるホロスコープは、どうやって読み解けば良いのでしょうか?

ホロスコープでは太陽や月、水金火木土天海冥の10個の天体が主役であり、それぞれに役割がありますが、誰のホロスコープにも位置はバラバラですが10個の天体が存在しているのです。

12星座のサインは性格と特徴を表すと言われていて、サインと天体の関係性から人生を読み解いていくのです。

ハウスはサインと同じく12個あり、1から12までの数字が書かれていますが、自分自身の個性が人生のどの場面や場所で、どう発揮されるのかという事を表しているのです。

ホロスコープを深く読んでみたいのであれば、天体とハウスを把握して調べてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る